29年度講演会

全国LD親の会からのお知らせ

第16回公開フォーラムちらし(1).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 227.5 KB
第52回NHK障害福祉賞募集要項 .pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 242.4 KB

過去の講演会

東京大学先端科学技術研究センター 中邑賢龍先生の講演会が行われました。
「これからの特別支援教育を考える」」
6月26日(日) 岡山県労働福祉事業会館にて

10時半~11時半...
「自分にあった勉強の仕方を考える~頑張らないで楽しみながら学ぶには?~」(対象:小5~中3)
子どもたちが目をキラキラさせて講演を聞いていました。みんな違っていいんだよって先生の気持ちが伝わったように感じました。
13時~16時
「夢を描ける学びの環境の作り方~多様な学び方が出来る社会へ~」
環境つくりの大切さに気付きました。私たち大人が考え方を変えるときなんですね。
ICTを自分のものとして使いこなせる子供にというお話も納得でした。
使えば「できる」なら使ったもの勝ちですね。中邑先生たちが応援してくださっているということにも勇気づけられました。


 
中邑先生 (1).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 856.5 KB

11月2日井上先生ipad勉強会

 

6月の講演会で大好評でした井上賞子先生、再登場です!

<午前の部>10:00~12:00
支援者研修会『ipadで教材作りをしよう』
定員:20名(先着順)
参加費:一般3000円(会員2000円)
 
<午後の部>14:00~15:30
親子体験教室『ipadで表現することを楽しもう』
対象:小学生以上のお子さんと保護者2名1組
定員:親子10組(先着順)
参加費:一般2000円(会員1000円)...
※午後の部は定員に達したため締め切りました。

*当日はipad の無料貸出があります。(その際簡単なアンケートにご協力をお願いいたします。)


申込み:E-mail:okayama.h.link@gmail.com まで、
「件名」に「ipad 活用セミナー」と入力し、氏名( フリガナ)、郵便番号、住所、携帯電話番号、所属、ipad 持参or 貸し出し希望か を明記の上、お申し込みください。
FAX の方は、086-942-0788まで。


井上先生より、当日使うアプリの一覧を送っていただきましたので、紹介させていただきます。
...
*paintone: 音の鳴る絵を作って世界中にシェアしよう!
https://itunes.apple.com/jp/app/paintone-yinno-mingru-huiwo/id892735286?mt=8

*ティッシュであそぼ!
https://itunes.apple.com/jp/app/tisshudeasobo!/id570601617?mt=8

*私暗記+
https://itunes.apple.com/jp/app/id463439142

*Educreationsインタラクティブホワイトボード
https://itunes.apple.com/jp/app/id478617061?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

*ジグソーボックス
https://itunes.apple.com/jp/app/id374251470?mt=8&ign-mpt=uo%3D4


*常用漢字筆順辞典 FREE
https://itunes.apple.com/jp/app/id453410542?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

*スライドムービー- 好きな音楽で写真を動画へ。ムービーを編集、加工しスライドショーを作成できる無料のビデオカメラ-
https://itunes.apple.com/jp/app/id696463126?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

*ピッケのつくるえほん iPad用
https://itunes.apple.com/jp/app/pikkenotsukuruehon-for-ipad/id452932020?mt=8

当日ipadを持って来られる方は、事前にインストールしておかれることをおすすめします。

親子体験会は、「びっけの作る絵本」に挑戦です!このアプリは有料ですので、研修用ipadで試してみられて、良ければ購入するかどうか検討されてはどうかなと思います。
 

26年6月22日

6月22日(日) 13:00~16:00
岡山県生涯学習センターにて
「今、目の前にいる子の「分かった!」を目指して」~ICTを活用した学びの支援を中心に~
講師は、井上賞子先生です。

魔法のランプ成果報告書に井上先生の実践が公開されています!
お読みいただいて、私たちと一緒にワクワクしましょう!

http://maho-prj.org/?p=637

25年7月27日

<日時>7月27日(土)13:00~16:00
<場所>きらめきプラザ4階401号室(公共交通機関でお越しになるか、近隣の有料駐車場をご利用ください)
<講師>山 田  充 先生
<参加費>一般1,000円、会員500円
講師:山田充先生(堺市立日置荘小学校通級指導教室教諭、堺市特別支援教育専門家チーム、堺市特別支援教育推進リーダー育成・配置事業
検討委員、特別支援教育士スーパーバイザー、自閉症スペクトラム支援士アドバンス、堺LD 研究会( 副代表、事務局、研究部)

 特別支援教育において大切なことは何でしょうか。さまざまな困難を抱える子どもたちの、目に見えてい
る姿だけを見るのではなく、「学習の困難はどうして起こるのか」「なぜ漢字を覚えられないのか」「なぜ計
算をあやまるのか」という原因を当事者の立場から明らかにして、その手だてを考えていくこと…それは正
に科学です!!通級指導教室でたくさんの子どもの指導に携わってこられた 山田 充 先生 が、実際の事例を
あげながら分かりやすくお話しくださいます。一緒に学びましょう。皆さまのご参加をお待ちしています。

参加費:一般 1000円 会員500円
申込み:okayama.h.link@gmail.comまで。「件名」に「7 月山田充先生講演会申込」と入力し、
氏名( フリガナ)、郵便番号、住所、電話番号、所属( 保護者・教員など) を明記の上、お申し込みください。

25年6月16日

岡山県LD等発達障害親の会 はあとりんく 講演会のご案内
「幼児期、学童期に身につけておきたい ソーシャルスキルとその指導」
~発達障害を持つ子どもが生き生きと過ごすために~

社会性に多くの課題をもつとされる発達障害の子どもたち。その認知やコミュニケーションの特徴について、広く知られるようになってきましたが、「発達障害だからこんな行動をする」という理解で終わるのではなく、その社会性を伸ばすにはどうしていったらいいのでしょう。適切な目標を立て、特性をふまえた指導や支援を行うにはどうしたらよいのでしょうか。
指導経験の豊かな西岡先生をお招きし、幼児期・学童期に獲得したいソーシャルスキルとその指導について学びます。

講師:大阪医科大学LDセンター 西岡有香先生

日時:2013年6月16日 13:00~16:00
場所:岡山市中央公民館第5ホール
   岡山市中区小橋町1-1-30
参加費:一般1000円 会員500円
申込み:メール・・・件名に「講演会申込」と書いて
氏名。郵便番号、住所、電話番号、所属を明記の上
okayama.h.link@gmail.com まで。
定員になり次第締め切ります。

25年2月9日

<日時>25年2月9日(土)10時~
<場所>ふれあいセンター(岡山市桑野)
<内容>「高等学校における特別支援教育の現状について」

岡山県教育庁特別支援教育課総括副参事の中村 誉氏をお迎えしてお話を伺いま
す。

学校教育法改正により、平成19年4月より新たな制度としてスタートした特別支
援教育ですが、高等学校での特別支援教育は小中に比べると遅れているという声
もあります。岡山県内の高等学校では、どのような取り組みがなされ、どのよう
に変わっていったのか、また、今後の取り組みについてお話を伺います。
※参加申し込みを受け付けています。 会員、非会員共に無料。
お名前・連絡先を書いて、  okayama.h.link@gmail.comまでお願いします。

7月22日 竹田契一先生の講演会(終了しております)

創立記念として大阪教育大学名誉教授 竹田契一先生の講演会を行います。

 

 

場所  岡山市中央公民館第5 ホール

     〒703-8293 岡山市中区小橋町一丁目1-30 
     岡山市福祉文化会館の5階にあります。 なるべく公共交通機関でお越し下さい。

日時   7月22日(日) 13:30~16:30

参加費 一般1,000 円 / 会員500 円

定員   270名 (定員になり次第、募集を締め切ります)

お申し込み 参加を希望される方は、氏名( フリガナ)、郵便番号、住所、電話番号、

        所属( 保護者・教員など) を明記の上、
        ▶E-mail:ldoyanokai.okayama@gmail.com
        ▶FAX:086-942-0788
        まで、お申し込み下さい。

交通アクセス 岡山駅から、市内電車「東山行き」小橋電停下車(大人140円)。
          旭川に沿って、北上、徒歩3分。
          右手に岡山市福祉文化会館の正面玄関がありますので、そちらから

          お入りください。

「読み書きが苦手な子どもの理解と教育的支援」

本がうまく読めない・算数が極端に苦手・漢字が覚えられない・集団になじめない・友達とうまく関われない、こんな傾向のある子どもたちは学べないのでも、努力が足りないのでもありません。学び方に個性があるのです。そんな子どもたち一人一人をもっとよく見て、特性を理解したうえで教育を受けることが出来たら…。私たちは、そんな子どもた
ちの将来の可能性を広げ、ありのままの自分で生き生きと暮らしていける社会を作りたいと願って活動をはじめました。
今回、はあとりんく設立記念講演会に、そのような親の思いを長い間支えて下さり、発達障害・学習障害者研究の第一人者である、竹田契一先生をお迎えすることができました。子どもの学習におけるつまづきはどこにあるのか?楽しく学び、身につけるために、私たちはどのような支援ができるのか考え、実践する機会としてぜひご参加ください。

竹田先生ってどんな人?

竹田先生
竹田先生

大阪教育大学名誉教授、 大阪医科大学LD センター顧問、 一般社団法人日本LD 学会副理事長,一般財団法人特別支援教育士資格認定協会理事長など。
専門は発達障害児(LD・ADHD・高機能広汎性発達障害)への教育的支援、言葉の遅れに対するインリアルアプローチ、 脳損傷児・者へのスピーチリハビリテーションなど。
〈主な著書〉「図説LD 児の言語・コミュニケーション障害の理解と指導」(文化科学者)「 高機能広汎性発達障害の教育的支援」(明治図書)、「 特別支援教育の理論と実践Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」(金剛出版社)